紅茶きのこ 作り方

美味しい紅茶きのこの作り方をご紹介します。

紅茶きのこ,紅茶きのこ 作り方

 

<用意するもの>
・紅茶きのこの種菌(SCOBY)……1つ
・上白糖……40g
・水……1000ml
・紅茶(緑茶やウーロン茶など、茶葉なら何でも可)……ティーパック1個
・ガラス瓶

 

※種菌は通販などで入手可能です。また、市販の紅茶きのこから株を移すこともできます。
※容器はガラス製の物を使用してください。プラスチック製は溶けてしまう可能性があります。

 

 

<作り方>
1. 鍋などに水を入れて沸騰させ、ティーパックと上白糖を入れて甘くて濃い紅茶を作ります。
2. ガラス瓶を熱湯で消毒します。
3. 紅茶とガラス瓶を常温に冷まします。熱いままだと紅茶きのこの菌が死んでしまうので、必ず冷ましてください。
4. 紅茶をガラス瓶に入れ、種菌を入れます。
5. ティッシュやキッチンペーパーなどを被せてゴムで止め、蓋をします。付属の蓋などで密封してはいけません。菌も生きていますので、空気が通るような素材で閉じてください。
6. 直射日光の当たらない場所で揺らさず静かに保管します。
7. 数日でだんだん泡立ってきて、日が経つほど甘みが抜けて甘酸っぱくなっていきます。お好みの味になったら完成!
8. 紅茶だけを別の容器に移して冷蔵庫で保存しましょう。

 

※なお、種菌は同じ作り方で再利用可能です。また作りたい場合は、種菌の入ったガラス瓶に少しだけ紅茶を残し、こちらも冷蔵庫で保存しましょう。

 

 

<注意点>
・紅茶きのこの種菌以外の余計な雑菌が入ると、カビが生える原因になります。ガラス瓶は必ず熱湯で消毒し、味見などの際にも清潔なスプーンやストローを使いましょう。
・他の発酵食品の近くや洗剤の近くに置いておくと、これも菌が死んでしまう可能性があります。なるべく離して保管しましょう。
・完成までの期間は、夏は約1週間、冬は約1〜2週間ほどです。甘いだけだとまだ未完成なので、酸味が出るまで待ちましょう。
・紅茶きのこを飲んだ後は必ず口をゆすぐようにしてください。
・発酵と腐敗は紙一重です。初めて作る場合は、経験者、学校などで学んでから作るようにしてください。
 不安な場合、近くに指導してくれる方がいない場合は、市販のものを購入することをおすすめします。(紅茶きのこの危険性はこちら

 

 

⇒インスタで話題の紅茶きのこはこちら

関連ページ

紅茶きのこに危険性はあるのか
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!
紅茶きのこの効果とは
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!
紅茶キノコの効能とは
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!
手作り紅茶きのこと市販の紅茶きのこの味の違い
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!