紅茶きのこ 効能

最近、アメリカで注目を浴びているといわれる紅茶キノコですが、一体紅茶キノコとは何か、そして、その効能はどういったものなのかを説明したいと思います。

 

1. 紅茶キノコとは何か?

 

紅茶キノコという言葉を聞くと、その名前から、キノコが入っているように思いますが、キノコは一切入っていません。
ただの見た目です。
紅茶キノコとは、紅茶か緑茶に砂糖を入れ、そこに酢酸菌を加えて発酵させたもので、単なる発酵飲料なんです。
酢酸菌を加えると、紅茶が発酵して、セルロースのゲル状を作り、その形がキノコのように見えることから紅茶キノコと言われています。
いわゆるニックネームですね。

 

2. 紅茶キノコの効能

 

紅茶キノコは体に対してどのような効能を持っているのだろうか?
紅茶キノコには、酢酸、様々な酵素、ビタミン、ポリフェノールなどが含まれているそうです。
酢酸(CH3COOH)は、ギ酸(HCOOH)について、構造が簡単なカルボン酸の一つですが、
酢酸は、お酒(エタノール)を飲むと、C2H5OH→CH3CHO→CH3COOHという過程を経由して、最終的にからだの中で酢酸になります。
酢酸には、胃の働きを活発にし、消化を助け、血流を良くし、高血圧を予防し、抗菌効果による口臭予防や腸内環境の改善、便秘の解消
があると言われています。
また、紅茶由来のポリフェノールには、抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や老化を防ぐことができます。
紅茶キノコの一番の特徴は発酵食品だという点であり、腸内環境を整え、内側から健康と美肌によいという効能を持っています。
しかし、紅茶キノコは自分で作ると危険な発酵食品になるかもしれません。
昔、日本で紅茶キノコが流行した時、からだに異常を訴える人が現われて、紅茶キノコが廃ってきました。
どういうことかと言いますと、紅茶キノコを飲んでお腹を壊してしまったということを意味します。
紅茶キノコは自宅で菌を培養して作る発酵食品なので、きちんとした衛生管理が出来ていないと酢酸菌以外に、
空気中に浮遊しているカビの胞子や雑菌・ウイルしなどが同時に培養されてしまうため、設備が整っていない場所で作るのは危険ということです。

関連ページ

紅茶きのこに危険性はあるのか
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!
紅茶きのこの効果とは
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!
手作り紅茶きのこと市販の紅茶きのこの味の違い
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!
紅茶きのこの作り方
最近話題にコンブチャクレンズ。 そのコンブチャクレンズのの効果に関する口コミすごいですよね。ただ、凄過ぎてステマっぽいですよね。そこで実際に、購入してコンブチャクレンズの効果を口コミを検証してみました!もちろん証拠の購入写真付きで!!